国産うなぎをお求めなら便利で、お得な通販が一番!

当サイト『国産うなぎお取り寄せランキング | 人気の特選うなぎ通販を紹介』は、特に夏の『土用の丑の日』に最も需要が盛り上がる国産うなぎの人気通販をご紹介しています。2018年の夏の「土用の丑の日」は7月20日(金)と8月1日(水)です!

 

 

 

国産うなぎなら、浜名湖産うなぎと一色産アオテうなぎがオススメ!

 

 

愛知県一色産

静岡県浜名湖産

うなぎ職人の間では、肉質が柔らかく、うなぎ本来の美味を味わえるものを“アオテ”と呼んでいます。美食市の一色産アオテうなぎは20匹に1匹と言われる貴重な極上うなぎだけを厳選。

うなぎ養殖発祥の地、本場の静岡県浜名湖産のうなぎ。浜松の老舗がじっくりふっくらと焼き上げた、ほどよく脂がのり身のしまった満足サイズのうなぎ蒲焼本来の味がご堪能できます。

うなぎは日本の夏の風物詩で和食を代表する食材のひとつ。うなぎは国産に限りますね!

 

そうは言っても、気になるのが簡単には手を出せない価格です。2018年のうなぎ価格は高騰が予想されています。その訳は、うなぎの稚魚であるシラスウナギの漁獲高が極端に不振に陥っているからだと言われています。5年位前にも似たようなことがありましたね。

 

そこで注目してほしいのがインターネット通販です。
少しでも安く、美味しい国産うなぎをお求めならやはりネット通販がお得で、大変便利です。うなぎ専門店や名店の味に引けを取らないうなぎ本来の味をリーズナブルな価格でお求めになれます。

 

来年もきっと食べたくなる極上特大国産うなぎの人気通販を以下にランキング形式でご紹介します。

商品が品切れまたは売り切れの場合は、ご容赦願います。

国産うなぎ人気通販ランキング

本場の味!静岡県浜名湖産のうなぎ

浜名湖と言えば、うなぎ養殖の発祥の地です。言わば本場の味が楽しめる浜名湖産のうなぎはいかがでしょう!

 

昭和9年創業の浜松の老舗がじっくりふっくらと焼き上げた、ほどよく脂がのり身のしまった満足サイズのうなぎ蒲焼本来の味がご家庭でご堪能できます。

 

また、浜松の目利きが選び、焼き上げた本場浜名湖産うなぎを知り尽くした老舗「海老仙」の味もお楽しみになれます。

 

うなぎは年末年始のお集まりのご馳走としてはもちろん、お誕生祝いや数え年で古希や米寿などを迎えられる方のご長寿のお祝いにもおすすめです。

 

 

浜名湖産うなぎの詳細・ご注文はコチラ

 

 

愛知県一色産の極上アオテうなぎ

三河湾に面した一色町は、自然に恵まれ、市町村別のうなぎ生産量日本一を誇るうなぎの町です。美食市のうなぎは20匹に1匹と言われる貴重な極上アオテうなぎだけを厳選しています。

 

背中が青く、お腹が白い、そして何とも言えない柔らかな感触。うなぎ職人の間では、肉質が柔らかく、うなぎ本来の美味を味わえるものを“アオテ”と呼んでいます。

 

上質のうなぎはひと箸つかめばその肉質の良さが分かります。艶のあるうなぎの身をお箸だけでサッと割くと、そこから漂う香ばしく芳醇な香りが食欲をそそります。

 

肉質は、一口食べると、ふっくら柔らかく、ホロッととけていく食感を味わうことができます。もちろん柔らかさの中にしっかりとしたうなぎ独特の歯ごたえもお楽しみいただけます。

 

職人が一匹一匹丁寧にうなぎの色と感触を確認、選別を行った希少な”アオテ”うなぎの柔らかな肉質と上品な脂を併せ持った極上のうなぎを是非ご堪能ください。

 

一色産アオテうなぎの詳細とご注文はコチラ

 

 

高知県四万十産・幻の超特大国産うなぎ

日本最後の清流、それは高知県の四万十川。静岡県の柿田川、岐阜県の長良川とともに「日本三大清流のひとつ」とも呼ばれています。

 

また、名水百選、日本の秘境100選にも選ばれています。

 

四万十川は清流と呼ばれるだけあって透き通った水を蓄えており、そこで育ったうなぎは格別な味わいです。

 

うなぎの品質が良い分、加工にもこだわって白焼き〜蒸し〜蒲焼の3工程を丁寧に職人が手間暇かけてできたのが最高級品の幻のうなぎ蒲焼です。

 

市場にはめったに出回らない幻の四万十うなぎを是非ご堪能ください。

 

 

四万十産超特大うなぎの詳細・ご注文はコチラ

 

 

うなぎ屋かわすい(川口水産)

 

国産うなぎ蒲焼き通販専門店のうなぎ屋かわすい(川口水産)は日本一おいしい国産うなぎをお届けする通販としてその名が知られています。

 

自家製秘伝のタレで香ばしく焼き上げた, うなぎの蒲焼きは全て真空パックにしており、賞味期限は冷凍で1年間。

 

必要な時に温めるだけで直ぐに食べる事ができ、ご自宅で簡単・便利に豪華うな丼が召し上がれます。

 

 

うなぎ屋かわすいのおいしさへのこだわり
  • 国内の産地(鹿児島、宮崎、徳島、高知、三重、愛知県など)から仕入れたうなぎを 味覚に敏感な職人5人が試食検査
  • 5人全員が身質、脂のノリ、川魚特有のドロ臭さを試食して 5人全員が良質と判断したうなぎのみ蒲焼きにする

と言った徹底ぶりです。

 

うなぎ屋かわすいは、2017年楽天市場のグルメ大賞を受賞した実力があるだけにリピーターも多く、初めての方も安心してご利用できます。

 

 

↓うなぎ屋かわすいの詳細とご注文はコチラ↓

 

 

国産うなぎお取り寄せランキング | 人気の特選うなぎ通販を紹介

うなぎの栄養価について

うなぎは必須アミノ酸のバランスが良く、高品質のたんぱく質やビタミンA・D・Eも多く含まれており、疲労回復や体力維持に効果があるため夏バテの回復に理想的な健康食品。

 

また、縁起も良く栄養価の高いうなぎはお中元、お歳暮、暑中見舞い、快気祝い、長寿の祝、父・母の日などの各種イベントの贈答品としても大変人気がある食材です。

 

 

国産うなぎお取り寄せランキング | 人気の特選うなぎ通販を紹介
どこのうなぎを購入するか迷っているのなら、うなぎの本場・静岡県浜名湖産と愛知県一色産のうなぎがおすすめです。
浜松の老舗が焼き上げた浜名湖産のうなぎ蒲焼はふっくら香ばしい専門店の美味しさです。また、 一色産アオテうなぎは20匹に1匹と言われる極上のうなぎだけを、厳選して職人がお届けします。

 

2018年の『土用の丑の日』にはぜひ専門店や名店の味にも劣らないネット通販の極上国産うなぎをご家庭用に、そして贈答品としてご利用してみてはいかがでしょう!

愛知県一色産

静岡県浜名湖産

うなぎ職人の間では、肉質が柔らかく、うなぎ本来の美味を味わえるものを“アオテ”と呼んでいます。美食市の一色産アオテうなぎは20匹に1匹と言われる貴重な極上うなぎだけを厳選。

うなぎ養殖発祥の地、本場の静岡県浜名湖産のうなぎ。浜松の老舗がじっくりふっくらと焼き上げた、ほどよく脂がのり身のしまった満足サイズのうなぎ蒲焼本来の味がご堪能できます。

 

 

うなぎはなぜ激減?

国産うなぎお取り寄せランキング | 人気の特選うなぎ通販を紹介

われわれ日本人が長年食べ続けてきた「ニホンウナギ」が昨年6月、国際版のレッドリストで絶滅危惧種に指定されました。「30年間で50%以上減った」というのが、その理由だそうです。なぜ、そんなに減ってしまったのでしょうか。

 

私たちが消費するうなぎの99%以上は「養殖もの」です。養殖と言っても、天然の稚魚「シラスウナギ」をつかまえて、大きく育てているだけで、卵から育てる「完全養殖」はまだ実用化していません。

 

うなぎ養殖は天然の稚魚に依存しており、稚魚のとりすぎが長年続いたことが、激減の大きな要因になったと専門家はみています。乱獲とともに、うなぎを激減させた大きな要因が、河川環境の悪化。コンクリートなどによる河川の人工護岸化は、うなぎのすみかだけでなく、エサになる甲殻類や小魚も減らしてしまいます。

 

国産うなぎお取り寄せランキング | 人気の特選うなぎ通販を紹介

国が1990年代に行った調査によると、人工護岸率が5%とされた四国の四万十川は、うなぎ漁獲量の減少率は年平均1.3%にとどまっています。これに対し、護岸率が61%にのぼる九州の球磨川は、漁獲量の減少率が14.7%と高率でした。

 

農業用水の取水などの目的で川の中に作られる「堰」も、うなぎの稚魚や若魚が川をさかのぼるのを妨げ、うなぎたちの暮らしを脅かします。魚の通り道となる「魚道」を設けている「堰」もありますが、アユなどと違って遊泳力の弱いうなぎには流れが強すぎて上れない魚道が多いとの声があります。

 

国内の天然うなぎ漁獲量は、1960年代は年間3000トン前後でしたが、80年代に半減し、その後も減少傾向にあります。うなぎの資源を守るには、稚魚の乱獲防止とともに、川を下って産卵する親うなぎを増やす努力も大切です。

 

静岡県の浜名湖では、漁獲された親うなぎの一部を漁業者から買い上げ、放流する試みが始まりました。また、宮崎、鹿児島、熊本の各県が時期を限って天然うなぎの採取を禁止し、高知県も昨年から同様の規制を始めるとしています。

 

(出典:朝日新聞)

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴